高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

先進医療多焦点眼内レンズ

先進医療とは

先進医療認定施設

平成21年3月、多年の白内障手術の実績により、先進医療認定施設として認められました。これにより、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術では、手術当日の医療費のみが自己負担となり、それ以外は保険診療が適応できるようになりました。
さらに、民間の保険で先進医療特約に加入されている方は、手術当日の医療費の給付が受けられます。

※民間の保険に加入されている方は保険の種類によって給付金が異なります。
 詳しくは保険会社へお問合せ下さい。

先進医療については厚労省のホームページをご覧ください。

PAGE TOP

先進医療多焦点眼内レンズ …種類と特性…

AMO社眼内レンズ

種類 TECNIS Multifocal Symfony
ZMB00 ZLB00 ZKB00
  TECNIS Multfocal Symfony
焦点距離 遠見+30cm 遠見+40cm 遠見+50cm 遠見~中間(EDOF)
ハローグレア あり 少ない
乱視矯正 なし あり
レンズの構造 回折型
術後の眼鏡使用 中間で必要 近方で必要

Alcon社眼内レンズ

種類 ACRYSof
ReSTOR Active FOCUS
  ReSTOR Active FOCUS
焦点距離 遠見+近方 遠見+中間
ハローグレア あり 少ない
乱視矯正 あり
レンズの構造 回折型
術後の眼鏡使用 中間で必要 近方で必要

HOYA社眼内レンズ

種類 iSii
  iSii
焦点距離 遠見+40cm
ハローグレア あり
乱視矯正 なし
レンズの構造 屈折型
術後の眼鏡使用 中間で必要

PAGE TOP

EDOF(Extended Depth of Focus、焦点深度拡張型 )とは

焦点深度拡張型レンズは、最近登場した新しいコンセプトの眼内レンズです。
従来型の多焦点眼内レンズでは焦点を遠方と近方に振り分けていましたが、焦点を分けるのではなく、焦点の合う範囲を遠くから中間距離にかけて広げることで有水晶体眼に近い、違和感の少ない見え方になります。

遠く~中間距離にかけての見え方に強い反面、近方では眼鏡による矯正が必要となる場合があります。

従来型2重焦点眼内レンズ EDOF(焦点深度拡張型)眼内レンズ

PAGE TOP

先進医療多焦点眼内レンズに係る費用

2焦点レンズ

レンズ名 TECNIS multifocal Symfony Acrysof iSii
費用 片眼 700,000円

3焦点レンズ

レンズ名 PanOptix
費用 片眼 800,000円

手術のご案内

手術のご案内はこちら

オルソケラトロジー

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来

PAGE TOP