高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとは

1カ所にのみピントが合う単焦点と異なり、2カ所ないし3カ所にピントが合うもの、または遠くから中間にかけて焦点が拡張されている眼内レンズを指します。
多焦点眼内レンズは眼内に入ってきた映像を遠くや近くへ振り分ける構造になっている為、1カ所あたりの見え方の質やコントラスト感度はやや低下します。
しかし、日常生活でその低下が問題になることはほとんど無く、単焦点眼内レンズと比較して眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が必要なくなる、もしくは使用の頻度を下げることが出来ます。

多焦点眼内レンズは大きく分けて2種類に分けられます。

  • 国内で認可されたもの 先進医療多焦点眼内レンズ
  • 未認可のもの 自由診療多焦点眼内レンズ

眼内レンズの選択には適性検査が必要です。
角膜疾患や網膜疾患、視野障害等のある方にはおすすめしない場合もございます。

※当院は先進医療の認定施設であり、承認を受けているものに関しては先進医療保険が適用されます。

PAGE TOP

単焦点眼内レンズとの見え方の比較

単焦点眼内レンズ― ピントが合う距離がひとつ ―

遠方を選択された場合の見え方

近方を選択された場合の見え方

多焦点眼内レンズ― ピントが合う距離が複数 ―

多焦点眼内レンズを選択された場合の見え方

PAGE TOP

多焦点眼内レンズの種類と構造

  • …先進医療
  • …自由診療

回折型

レンズ表面に回折格子(細かい溝)があることで光を分散させ、2カ所ないし3カ所に焦点が合うもの、焦点の幅が広げられているものを回折型と呼びます。

AMO社
  • テクニスマルチ(2焦点)
  • テクニスシンフォニー(焦点深度拡張型)
Alcon社
  • レストア(2焦点)
  • アクティブフォーカス(2焦点)
Physiol社
  • FINE VISION(3焦点)
  • miniwel READY(焦点深度拡張型)

焦点の幅が広げられているものを回折型と呼びます。

屈折型・分節型

レンズ上に遠方用、近方用と屈折力の異なる部位があり、同心円状に配置されているものを屈折型、屈折型の一部で近方部が同心円状ではなく一部分にのみ配置されているものを分節型と呼びます。

HOYA社
  • iSii(屈折型)
Oculentis社
  • LENTIS Mplus(2焦点)
  • FEMTIS COMFORT(焦点深度拡張型)

同心円状に配置されているものを屈折型、屈折型の一部で近方部が同心円状ではなく一部分にのみ配置されているものを分節型と呼びます。

プログレッシブ型

レンズにおける収差(光がレンズを通過する際に発生する焦点を結ばない光)を利用し、焦点の幅が広げられているものをプログレッシブ型と呼びます。

SIFI社
  • miniwell READY (自由診療)

レンズにおける収差(光がレンズを通過する際に発生する焦点を結ばない光)を利用し焦点の幅が広げられているものをプログレッシブ型と呼びます。

手術のご案内

手術のご案内はこちら

オルソケラトロジー

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来

PAGE TOP