高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

白内障手術

乱視矯正について

乱視の原因の大部分は水晶体や角膜の形状によるものです。
白内障手術で水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入することで水晶体による乱視はなくなりますが、
角膜乱視は同程度に残ります。
手術後に期待した視力が得られず、眼鏡の使用が必要になることもあるため、
当院では手術後の乱視を軽減するために以下の方法を行っています。

乱視矯正眼内レンズ

当院では乱視矯正対応の眼内レンズを取りそろえております。
主に中等度以上の乱視がある方に対して使用します。

LRI (角膜輪部減張切開術) の同時手術

軽度の角膜乱視に対して行う手術です。 白内障手術と同時、もしくはすでに手術が終わっている方にも行うことができます。 角膜の周囲を切開することで角膜乱視を半分程度に減弱させます。

※乱視矯正の適応は手術前の検査終了後に医師が判断します。
乱視が強い場合でも、角膜の形状など眼の状態によっては矯正の適応にならない場合もございます。
また、乱視がごく軽度の場合には矯正をすることにより
かえって術後の乱視を増やしてしまう可能性があるため矯正致しません。

手術後の生活について手術後の生活について

PAGE TOP