高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

白内障手術

眼内レンズとは

白内障手術は水晶体を取り除く代わりに、人工の眼内レンズを移植します。
人工の眼内レンズには水晶体のように焦点距離を調整する機能は無く、焦点を合わせた距離以外では眼鏡を使用する必要があります。

眼内レンズには大きく分けて、“単焦点眼内レンズ”と“多焦点眼内レンズ”があります。

PAGE TOP

単焦点眼内レンズとは

単焦点眼内レンズ― ピントが合う距離がひとつ ―

遠方を選択された場合の見え方

近方を選択された場合の見え方

単焦点眼内レンズは保険診療です。
ご自身の生活に合わせ焦点の合う距離を選択出来ますが、選択した距離以外では眼鏡による矯正が
必要となります。

PAGE TOP

多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズ― ピントが合う距離が複数 ―

多焦点眼内レンズを選択された場合の見え方

1カ所にのみピントが合う単焦点と異なり、2カ所ないし3カ所にピントが合うもの、または遠くから中間にかけて焦点が拡張されている眼内レンズを指します。
多焦点眼内レンズは眼内に入ってきた映像を遠くや近くへ振り分ける構造になっている為、1カ所あたりの見え方の質やコントラスト感度はやや低下します。
しかし、日常生活でその低下が問題になることはほとんど無く、単焦点眼内レンズと比較して眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が必要なくなる、もしくは使用の頻度を下げることが出来ます。

多焦点眼内レンズは大きく分けて2種類に分けられます。

  • 国内で認可されたもの 先進医療多焦点眼内レンズ
  • 未認可のもの 自由診療多焦点眼内レンズ

PAGE TOP